エリザベート王妃国際音楽コンクールで第3位入賞!!

2021.05/30 (日) 更新

2021年5月29日(現地時間)、チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールと並ぶ世界3大音楽コンクールの1つ、エリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー)にて務川慧悟が3位に入賞しました。

昨年、新型コロナウィルス感染拡大のため1年延期された当コンクールのピアノ部門は、2021年5月3日から1次予選が行われ、5月29日23時に結果が発表された(現地時間)。

本来、1次予選には74人が選出される予定が、今回は58人となった。
審査は全て無観客で行われ、ファイナリストも通例の12人から6人に人数を絞るなど、異例の大会となった。ファイナルでは、このコンクールの独特の課題でもある「外部との連絡を遮断し、1週間隔離」という状況の中で、ブルーノ・マントヴァーニによって当コンクールのために書き下ろされた新曲「妖精の庭から」と向き合い、音楽を深めていった。

務川は5月26日に新曲と「プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番Op.16」をヒュー・ウルフ指揮のベルギー国立管弦楽団と協演した。

エリザベート王妃国際音楽コンクールとは
エリザベート王妃コンクールは、1937年にベルギーのエリザベート王妃とベルギーのヴァイオリニスト、ウジェーヌ・イサオーシュの呼びかけで設立され、ベルギーの首都ブリュッセルで4年ごとにピアノ、ヴァイオリン、声楽、チェロのために行われており、世界3大音楽コンクールの中でも最も歴史が古いコンクールである。

 2021年度の結果
Jonathan Fournel, 27, France – First Prize
Sergei Redkin, 29, Russie – Second Prize
Keigo Mukawa, 28, Japon – Third Prize
Tomoki Sakata, 27, Japon – Fourth Prize
italy Starikov, 26, Russie – Fifth Prize
Dmitry Sin, 26, Russie – Sixth Prize

≪務川慧悟よりコメント≫
とても嬉しい結果です。応援いただきました皆様に感謝しております。一度はコンクールを受けることに迷いもありましたが、この1ヶ月、とても学ぶことが多く、今後のピアニストとして、ある意味転機なりました。今はもっと学びたい、経験を重ねたいと思っています。