PROFILE

Photo:Kei Uesugi
務川 慧悟 むかわけいご

東京藝術大学1年在学中の2012年、第81回日本音楽コンクール第1位受賞を機に本格的な演奏活動を始める。
2014年パリ国立高等音楽院に審査員満場一致の首席で合格し渡仏。パリ国立高等音楽院、第2課程ピアノ科、室内楽科を修了し、第3課程ピアノ科(Diplôme d’Artiste Interprète)、同音楽院フォルテピアノ科に在籍。

2019年ロン=ティボー=クレスパン国際コンクールにて第2位入賞。

2015年エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位。2016年イル・ドゥ・フランス国際ピアノコンクール(フランス)第2位。コープ・ミュージック・アワード国際コンクール(イタリア)ピアノ部門第1位、各部門優勝者によるファイナルにて第2位、聴衆賞を受賞。2018年秋に開催された第10回浜松国際ピアノコンクールにおいて第5位を受賞。
2017年シャネル・ピグマリオン・デイズのアーティストに選出され「ラヴェルピアノ作品全曲演奏」をテーマに6回のリサイタルを開催。

これまでに、日本各地、フランス、スイス、上海、ラトビア、イタリアにて演奏会を開催のほか、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、練馬交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア、セントラル愛知交響楽団、愛知室内オーケストラ、中部フィルハーモニー交響楽団、NHK名古屋青少年交響楽団、トリフォニーホール・ジュニア・オーケストラ、フランスにてロレーヌ国立管弦楽団と共演。室内楽においては、チェロの木越洋氏、長谷川陽子氏、ヴァイオリンの篠崎史紀氏、大谷康子氏、石田泰尚氏、等と共演。テレビ、ラジオでは、NHK-FM“リサイタル・ノヴァ”“ベストオブクラシック” NHK-Eテレ“さらさらサラダ”“ららら クラシック”等に出演。

日本、ヨーロッパを拠点に幅広く演奏活動を行うと共に、「ピアノの本」において留学記、ヤマハHPにてコラムを連載するなど、多方面で活動している。
2012.13.14年度ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生。2015.16年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。2017年度公益財団法人江副記念財団奨学生。

フランク・ブラレイ、上田晴子、ジャン・シュレム、パトリック・コーエン、横山幸雄、青柳晋の各氏に師事。

Keigo Mukawa

is born at Aichi in Japan in 1993, took up the piano at the age of 3 at
the musical school of YAMAHA. During his study at the University of
Fine Arts of Tokyo, he was unanimously admitted to Conservatoire
National Superieur de Musique et de Danse de Paris, where he is
currently in the 2nd grade of undergraduate.
He won the 1st Prize at the 62nd All Japan Student Music Concours
in 2008, the 1st Prize at the 9th Matukata Hall Music Prize in 2010,
the 1st Prize at the 81st Japan Music Concours in 2012(the biggest
national concours in Japan), the 1st Prize at the 3th Akiyoshidai
Chamber Music Competition in 2014, the 2nd Prize at the 25th
Concours International de Piano d’Épinal in France.
Currently, he gives numerous concerts and recitals in Japan. He has
featured as a soloist of piano concerto with the Tokyo City
Philharmonic Orchestra, Central Aichi Symphony Orchestra, Tokyo
Philharmonic Orchestra, Kanagawa Philharmonic
Orchestra, Geidai Philharmonia, Lorraine National Orchestra etc.
Also interested in the chamber music, he played with many
musicians such as Huminori SHINOZAKI(the concertmaster of NHK
Symphony Orchestra) and Yo KIGOSHI(the 1st violoncellist of NHK
Synphony Orchestra).
Until now, he studied under Frank Braley, Haruko Ueda, Théodore
Paraskivesco, Susumu Aoyagi, Yukio Yokoyama. And participated in
the Master Classes under Pascal Rogé, Henri Barda, Anne
Queffélec, Yves Henry, Vera Gornostayeva, Mikhail Voskresensky,
Elisso Virsaladze, Ewa Poblocka, Stefan Wojtas, Falvai Sandor.
Since 2015, he is on the scholarship from Rome Music Fondation.

Photo:HIPIC
Photo:Naoya Yamaguchi
Keigo Mukawa

Né à Aichi(Japon) en 1993. En 2012, alors élevé à
l’Université des Arts de Tokyo, il remporte le premier prix à
la Japan Music Competition. Il a également obtenu
le 2ème prix au 25ème Concours International de Piano
Épinal en 2015, le 2ème prix au 18ème Concours
International de Piano d’Ile-de-France en 2016, le 1er prix
au 5ème Concours "Coop Music Awards"(Italie) en 2017, et
le 5ème prix au 10ème Concours International de Piano
de Hamamatsu(Japon) en 2018.
En 2017, il a été sélectionné par le programme des Chanel
Pygmalion Days à Tokyo pour une série de 6 récitals au
cours desquels il a interprété l’intégral de l’œuvre pour
piano de Maurice Ravel. Il s’est produit avec l’Orchestre
Philharmonique de la ville de Tokyo, l’Orchestre
Philharmonique de Tokyo,l’Orchestre National de Lorraine
ainsi qu’en récital en France, en Suisse en Lettonie, en
Chine et au Japon.